もちゆりブログ もちゆりブログ

春の社日は、産土神社や土地神様にご挨拶したい日!

2019-03-22 08:22
カテゴリー: 未分類
お彼岸の中日、春分の日が過ぎましたね!
昨日は見事な満月とも重なって、
私にとってもスペシャルな一日でした♫

お彼岸中は、大切にしたい日本の習慣がやっぱりいっぱいありまして、その一つが正に本日
【春の社日(しゃにち)】
春分の日に最も近い戊(つちのえ)の日。

社日の「社」は、その土地の神様である「産土神様」を意味します。
社日は、その産土神様をお祀りする日で、年に2回春の春社と秋の秋社。
春は種まきの時期、秋は収穫の時期に重なることから、
農業を行う人々にとって大切な節目の日となっていた社日。
春の社日には五穀を供えて豊作を祈り、秋の社日には稲穂を供え収穫に感謝していました。

今日はできたら、産土神社や土地神様にご挨拶したい日。

またいろいろな言い伝えもあって、

✍春の社日にお酒を飲むと、耳がよく聞こえるようになるといって、今日飲むお酒を『治聾酒(じろうしゅ)』と呼んだり、

✍今日の春社にお参りすると、中風(脳卒中)にかからないなんて言われたりします。
✍春の社日には不思議と雨が降りやすいので『社翁(しゃおう)の雨』とも。
年中、神社に行ってそうって言われますが、実はそうでもなくて、
その代わり、ピンポイントでこういう大切な日は外さない。
私の場合、趣味と仕事が半々だからね☆彡

春社である今日は、(昨日も含め)日頃のありがたいご神縁に大感謝して、、、
産土神様と土地神様にご挨拶してきます!

PS何が何でも今日がいいって訳じゃなくて、知識として読んで、
お仕事もある平日は、無理せずやれることを積み上げていきましょうね!!

コメントを残す

記事へのコメント

ありがたがーる通信 ありがたがーる通信
もちゆりホッとLINE もちゆりホッとLINE

Page Top